解説湯野浜温泉の歴史

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
湯野浜温泉の歴史湯野浜温泉の開湯は古く、天喜年間(1053~58)に遡る。

大きな海亀が砂浜に湧き出す温泉で傷を癒すのを見て発見されたとの言い伝えが残り、古くは「亀の湯」と呼ばれた。

同じ山形県内の上ノ山、東山と並んで「奥州三楽郷」の一つとされ、古くから歓楽地として栄えた。

大正年間から1975年までは、私鉄の庄内交通湯野浜線が、湯野浜の温泉街と鶴岡市街を結んでいた。かつて、湯野浜温泉駅であった場所は現在、屋外の足湯広場を持つ公共浴場となっている。

海水浴場もある湯野浜温泉は、日本海屈指のリゾート温泉地であり、夏はマリンスポーツが楽しめる。


 
TOPPAGE  TOP